モテるボディを作るために

無意識でいたら、気がついたら体重が増加してしまった!そんな時に観て欲しいサイト

丁寧な髪の洗い方⑨

丁寧な髪の洗い方について。 「コンディショナーとトリートメントの順番」 コンディショナーとトリートメント、どちらを先に利用されていますか? トリートメントが内側から補修する役割のため、最後に使った方がいいかなと、私は思いましが、 「シャンプー→…

丁寧な髪の洗い方⑧

丁寧な髪の洗い方について。 「トリートメントを利用する」 コンディショナーは毎日利用するとしても、トリートメントはどのくらいの頻度で利用すればいいのでしょうか? トリートメントの使用頻度は髪の状態による、と言いますが、毎日使用してもよいと言わ…

丁寧な髪の洗い方⑦

丁寧な髪の洗い方について。 「コンディショナーとトリートメントを上手く活用する」 そもそもコンディショナーとトリートメントはどう違うのでしょう? 一般的に、コンディショナーは髪の表面に油膜を作り、摩擦などの刺激から頭皮を保護したり、髪のコンデ…

丁寧な髪の洗い方⑥

丁寧な髪の洗い方について。 「コンディショナーは浸透させる」 コンディショナーは、髪の毛に栄養分を届ける目的で作られていますが、基本的に髪の毛に残さない作りになっています。なので、しっかり、すすいで洗い流すのがポイントです。 コンディショナー…

丁寧な髪の洗い方⑤

丁寧な髪の洗い方について。 「頭皮をマッサージするように洗い、しっかり流す」 シャンプのポイントは頭皮を洗うことです。 頭を両手でわし掴みにして、指の腹で円を描くように揉みほぐします。 襟足やこめかみなど、洗いづらい部分もしっかりと洗いましょ…

丁寧な髪の洗い方

丁寧な髪の洗い方について。 「シャンプーの泡は頭皮から付ける」 シャンプーで大事なことは、頭皮を洗うことです。 髪をなでるのが目的ではありませんね。 その時、シャンプーが泡立っているかもポイントとなりますので、手のひらでしっかりと泡立ててから…

丁寧な髪の洗い方③

丁寧な髪の洗い方について。 「水で流した後、一度水気をきる」 シャンプー前に頭皮を水で流した後は、水気をしっかりと切ります。 髪の毛の水分が多すぎると、シャンプーの泡立ちが悪くなってしまう可能性がありますので。 髪を洗う際、泡立ちが悪いと髪ど…

丁寧な髪の洗い方②

丁寧な髪の洗い方について。 水の濡らし方「頭皮までしっかり濡らす」 髪が長い場合、シャワーをさらっとかけて満足することもありますが、頭皮までしっかり濡らすことがおすすめです。 温度はぬるま湯に設定し、シャワーヘッドを頭皮に近づけます。 地肌を…

丁寧な髪の洗い方①

丁寧な髪の洗い方について。 洗髪前に気を付けること:「髪をブラッシングする」 頭皮は思った以上に汚れがついています。 洗髪前に、ブラシで髪の絡まりをとって、ついているホコリをなどの汚れをとりましょう。思った以上に、このブラッシングで汚れを落と…

髪について②

綺麗な髪を保つ1つの要素は、「髪を丁寧に洗う」ことです。 頭皮は、汚れや不要な皮脂が溜まりやすい場所のため、洗髪でしっかり洗い落とすのが大事です。 車の排気ガス、ヘアクリーム、空気上のホコリなど、髪は日々、外の空気に触れていますもんね。確か…

髪について

綺麗な髪。 電車や道を歩いていて綺麗な髪の人に出会うと、素敵だな~とつい立ち止まってしまいます。 特に女性にとって髪は、第一印象を決める大事な要素かもしれません。 皆様はどんな髪が好きですか? 人にとってタイプが違うとおもいますが、、 私自身は…

塩分の摂りすぎについて

塩分の摂りすぎは身体に悪影響となります。 どうゆう場合、塩分を摂りすぎてしまうのでしょうか? 人によるとは思いますが、例えば、 ラーメンの残り汁を全部飲んでしまったり、味噌汁をお替わりしまくった時(おいしいですが。。) もしくは、ポテトチップ…

塩分を摂りすぎると?③

そもそも、成人の大人にとって、1日に摂取する塩分量は6gくらいが最適と言われているそうです。 しかし、塩分を摂りすぎるとどうゆう影響があるのでしょうか? 「不整脈になりやすい」 塩分が元になっているナトリウムは、カリウムと一緒に細胞の間を移動し…

塩分を摂りすぎると?②

そもそも、成人の大人にとって、1日に摂取する塩分量は6gくらいが最適と言われているそうです。 しかし、塩分を摂りすぎるとどうゆう影響があるのでしょうか? 「肝臓に悪影響」 過剰な塩分摂取が続くと、不要なナトリウムを排出するために、腎臓は一生懸命…

塩分を摂りすぎると?①

そもそも、成人の大人にとって、1日に摂取する塩分量は6gくらいが最適と言われているそうです。 しかし、塩分を摂りすぎるとどうゆう影響があるのでしょうか? 「高血圧になりやすい」 塩分の過剰摂取が続くと、ナトリウムを身体から排出するため、血液の中…

塩分と身体⑤

塩分ととりすぎた時、喉が渇きますね。 例えばラーメンの残り汁を一気飲みしたり、塩ポップコーンを食べまくった後など。 この状態を緩和するのに、カリウムを摂ることは効果的だと言われます。 ただし、コーヒーやお茶の一部などに含まれている「カフェイン…

塩分と身体④

塩分を取りすぎると水を飲みたくなります。 この状態を緩和するのにおすすめなのが、カリウムの摂取です。 カリウムを含む飲み物は、例えば、 グレープフルーツジュース、野菜ジュース、トマトジュース、オレンジジュース、 青汁、オニオンスープ、コーンス…

塩分と身体③

塩分を取りすぎると水を飲みたくなります。 この状態を緩和するのにおすすめなのが、カリウムの摂取です。 カリウムを含む食べ物は例えば、 アジ、するめ、イカ、めざし、かつお、桜エビ、 わかめ、ひじき、じゃがいも、さつまいも、人参、玉ねぎ、ニラ、ほ…

塩分と身体②

塩分を取りすぎると水を飲みたくなります。 この状態を早めに元に戻すには「カリウム」がおすすです。 普段、塩分は、体内でナトリウムとなって骨や血液などに運ばれます。 この時、ナトリウムの運び役となるのがカリウムです。 カリウムが不足していると、…

塩分と身体①

しょっぱいものを食べた後、なんだか妙に喉が渇くことありませんか? 私も先日、塩漬けのピクルスを食べた後、しばらく身体が水を欲していました。 なぜでしょうか? それは、身体が血中濃度を一定に保ってくれているからです。 塩分を取りすぎたら血中の濃…

健康とインターネット

健康・医療情報サイトの「ヘルスケア大学」が、9月中に600記事以上を削除、または非公開にしていたことが、BuzzFeed Japan Medicalの調査でわかったそうです。 削除・非公開の対応がなされていた記事には、「がん」など、命に関わる病名をタイトルにしたもの…

痔の改善策⑤

痔はどうやったら改善できるのでしょうか? 「毎日入浴する」 ポイントは肛門を常に清潔に保つことです。 このため、当たり前かもしれませんが、毎日入浴して清潔に保つことは大切です。 また、シャワーだけではなく、湯船をはって、全身でお湯につかること…

痔の改善策④

痔はどうやったら改善できるのでしょうか? 「負担のない排便習慣をつける」 排便は、毎日行うことであり、このときの習慣がとても大切です。 無理に力をいれることなく、3~5分かけて行うのが肛門の負担になりにくいと言われています。 トイレに長居しすぎ…

痔の改善策③

痔はどうやったら改善できるのでしょうか? 「しっかり水分補給をする」 水は普段からこまめにとっていますか?水分が身体で不足すると便が硬くなって便秘になりやすくなります。便利になると、排便時に肛門を傷つけてしまうため、こまめに水分を摂取するの…

痔の改善策②

痔はどうやったら改善できるのでしょうか? 「朝食をしっかりとる」 規則正しく朝食をとることによって、朝食後、便意が起こりやすくなります。 これは便秘の改善につながるため、痔の改善効果もあります。 「刺激の強い香辛料、アルコールを控える」 刺激が…

痔の改善策①

痔はどうやったら改善できるのでしょうか? 「食生活を根本的に改善する」 痔の大きな原因に、便秘と下痢があります。 ということは、これらを引き起こす原因と向き合う必要があるでしょう。 普段どんな生活をされていますか?思い当たることありませんか? …

痔の原因⑤

普段の生活習慣から起こりえる痔の原因。 「身体の疲れや座りっぱなし」 激しい運動したり、肉体労働を行って体が疲れたりするとき。 また、オフィスでずっと座りっぱなしや、もしくは逆に立ちっぱなしの時。 こうゆう状態が続くと、肛門の静脈がうっ滞し、…

痔の原因④

普段の生活習慣から起こりえる痔の原因。 「お酒の飲みすぎ」 ビールや焼酎、日本酒やワイン。 アルコールの飲みすぎは便を柔らかくする働きがあるため、大量に飲みすぎると下痢の原因にもなることがあり、結果として痔につながるので、注意が必要です。 ま…

痔の原因③

普段の生活習慣から起こりえる痔の原因。 「ストレスが続いている」 人間は、ストレスが多い環境に長くいると免疫力が低くなります。 このため、ストレスがたまっていくと、肛門も免疫力が弱くなって抵抗力がなくなり、細菌感染などを引き起こすリスクがあり…

痔の原因②

普段の生活習慣から起こりえる痔の原因。 「便秘と下痢が多い」 便秘や下痢を多発しているなど、排便に関する異常があると、痔になりやすいと言えます。 便秘で便が硬くなると、肛門の上皮が傷ついて炎症を起こし、「切れ痔」になったり、負担がかかった排便…