モテるボディを作るために

無意識でいたら、気がついたら体重が増加してしまった!そんな時に観て欲しいサイト

断捨離のメリット

断捨離のメリット。

 

まずは、あたりまえですが部屋がシンプル&綺麗になります。

 

断捨離は片付け術と違い、片付け方を学ぶのではなく、物へ執着することから離れるという考え方なので、一度片付いた部屋が再びごちゃごちゃと散らかることはあまりないと言われます(ちゃんと実践した場合だと思いますが)

 

ムダな物を捨てて、部屋を整理して、キレイな部屋を保つ☆

自分が癒される空間作ったり、音楽かけてみたり、部屋の色を変えてみたりしたら、更に気持ちもリラックスしそうですね。

 

ぜひチャレンジしてみてくださいね☆

断捨離を実践する⑥

断捨離を実践する。

 

ステップ③『離』(離行)モノへの執着から離れる

 

この最終ステップですが、実は特にやることがありません。

なぜなら『断』と『捨』を実践することによって、自分が得られるのが『離』だからです。

 

 

だから、断捨離は事実上、2ステップということになのでしょうか?

 

  1. 不必要なモノを新しく買わない勇気
  2. 今、持っているものを手放す勇気

 

この2つを身につけることで、モノへ執着する心がだんだんなくなってくるのでしょうか。

 

部屋の整理が楽になり、キレイな空間のために、実践あるのみですね!

断捨離を実践する⑤

断捨離を実践する。

 

 

ステップ②:『捨』(捨行)今ある不必要なモノを捨てる

 

このステップ②はとっても大事です!!

 

当たり前ですが、断捨離を実践するためには、モノを捨てる必要があるということです。

  

断捨離の第一人者、やましたひでこさんは、「モノを捨てても心配することはなく、もし必要になったらまた買い直せばいい」という考え方しています。

この、買い直す時に必要なお金は、「モノの預かり賃」だと思えばいいそうです。

 

実際に思い切って捨ててしまっても、困らなかったりするんですよね。

もう何を捨てたか忘れてしまうくらいかも。

 

とりあえず捨てて、必要になったら買い直す。

この考えを実践してみると、とってもシンプルになるかもしれません。

断捨離を実践する④

断捨離を実践する。

 

  

ステップ②:『捨』(捨行)今ある不必要なモノを捨てる

 

このステップ②はとっても大事です!!

これが断捨離の1番重要な部分かもしれません。

 

とにかく捨ててしまうとすっきりするとは思いますが、「捨てたくても捨てられない」人が多いのは事実です。

 

いつか使うかも、、、、などと。

私も迷っているもの専用で、保留ボックスをつくったくらいですから。

これって意味なかったなぁ。。

 

モノへの執着をなくし、いらないものを捨ててシンプルになることで、びっくりするほど部屋の整理が楽になります。

 

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

断捨離を実践する③

断捨離を実践する。

 

 

ステップ①『断』(断行)新しく入ってくるモノを断つ

  

まず「断」を行動にうつすには、「意識する」事から始めることがいいようです。

 

というのは、人はモノを「無意識」に手に入れていることがあります。

 

例えば街で配布しているティッシュペーパー。

もしくは、コンビニでのお箸(必要以上に)、紙のうちわや飴つきの美容院のちらし。。化粧品の無料サンプル!(身に覚えが、、、)

もちろん、もらって損のないものですが、いつの間にか家にティッシュや割り箸が溢れかえっているということも。。

 

 

なぜ手に入れてるかというと、「もらっておいて損はない」からです。

そして自分が気づかないうちに、無意識に部屋がモノで溢れかえっているという状態になることも、、

 

 

無意識に手に入れるのではなく、まずは「意識する」ことからスタートして「断」を実践してみましょう☆

断捨離を実践する②

断捨離を実践する。

 

  

ステップ①『断』(断行)新しく入ってくるモノを断つ

 

あなたの家は現在、どんな感じでしょうか?

今どれだけ部屋が散らかっていても、新しく買わなければ、これ以上部屋に物が増えることはありません。

ということで、まずはファーストステップとして実践する事は、新しく入ってくるものを「断つ」ことです。

 

断捨離といえばどうしても「捨てまくるぞ~~」と捨てるに意識がいきがちですが、そもそも、「本当に自分に必要かどうか?」を見極める力を身につけることも大切です。

断捨離を実践する①

断捨離を実践する。

 

 

 

①『断』(断行)新しく入ってくるモノを断つ

②『捨』(捨行)今ある不必要なモノを捨てる

③『離』(離行)モノへの執着から離れる

 

この3ステップをたどりますが、

まずは、、、個人的に「イメージ」するのが大事だと思います。

よく考えたことが現実になるといいますよね!

 

どうゆう部屋に住みたいですか?

どうゆう部屋でめざめたいですか?

 

どうゆう部屋だと家に帰りたいな~っておもいますか?

家にいない時間が多くても1日数時間はいる場所です★

 

ぜひイメーしてみてください♪