モテるボディを作るために

無意識でいたら、気がついたら体重が増加してしまった!そんな時に観て欲しいサイト

パーソナルカラーのタイプ③

パーソナルカラーは4つのタイプに分類されます。

 

色のトーンによって、4シーズン(春夏秋冬)と呼ばれています。

 

大分類イエローベース:SpringとAutumn

大分類ブルーベース:SummerとWinter の4つです。

 

 

 

■AUTUMN イエローベースで「暗め・ソフト」なイメージです

 

秋の豊かな食べ物。綺麗な紅葉。リッチで落ち着きがある印象です。

暖かみがあって深みがあるグループともいえます。

 

 

■WINTER ブルーベースで「暗め・クリア」なイメージです。

 

真っ白い、冬の雪の上に宝石をばらまいたような印象でしょうか。

コントラストが強く、シャープなグループともいえます。

 

あなたのパーソナルカラーは春夏秋冬のどれなのでしょうか?

どれも特徴があってチャームポイントもあって素敵ですね!

自分の魅力をいかしましょう!☆

パーソナルカラーのタイプ②

パーソナルカラーは4つのタイプに分類されます。

 

 色のトーンによって、4シーズン(春夏秋冬)と呼ばれています。

 

大分類イエローベース:SpringとAutumn

大分類ブルーベース:SummerとWinter の4つです。

 

 

■SPRING はイエローベースで「明るい・クリア」なイメージです。

 

春のあたたかいお花、明るい色、きらきらとした色の分類です。

クリアであたたかいグループですね。

 

 

■SUMMERは ブルーベースで「明るい・ソフト」なイメージです。

 

大草原、緑。植物やあじさいのイメージです。

繊細でフェミニンなグループでしょうか。

 

パーソナルカラーのタイプ①

パーソナルカラーはどんなタイプがあるのでしょうか?

 

そもそもまず、色は大きく分けて、2つのタイプに分類することができます。

 

それは  「イエローベース」と「ブルーベース」です。

 

 

「イエローベース」

黄みが感じられ、暖かく感じる色です。

サーモンピンク・赤・ターコイズブルー・バナナの黄色など       

 

                                               

ブルーベース

青みが感じられ、冷たく感じる色のことです。

ローズピンク・紫みの赤・青紫・レモンの黄色など

 

もちろん、どちらにも分類しきれない色もありますが、大きくこの2タイプに分かれいて、パーソナルカラーの元にもなっています。

 

パーソナルカラーのメリット②

自分に似合うパーソナルカラーを知ると、どんないい事があるのでしょうか?

 

 

「自分の魅力を活かしたコーディネートができる」

 

パーソナルカラーは、自分が生まれ持った色素を引き立ててくれるものです。

色を工夫することによって、本来もっている要素をひきだし、いきいきと美しく見せれるなら最高ですよね。

 

更に、自信にもつながりそうです☆

 

 

「色選びが意識的にできるようになる!

 

自分のパーソナルカラーを知ると、買い物にいっても、服を選びやすいです。

自分に似合う色・似合わない色がわかっているため、コーディネートが更に楽しくなりそうですよね☆

 

パーソナルカラーのメリット①

自分に似合うパーソナルカラーを知ると、どんないい事があるのでしょうか?

 

「パッと見の第一印象がよくなる」

 

初対面の場合、その人の印象は3秒で決まるって言ったりしますよね。

 

印象と中身が違ったとしても、第一印象って心の中では残るものだと思いますので、やっぱりいい方がいいかなと思います。

 

例えば、不愛想で、パッと見の印象がなんとなく悪い場合と、笑顔が素敵で、更に似合っている色を着ている場合、なんだかもっと話したいなって思うかもしれません。

 

色が全てではありませんが、影響を与える要素であることは間違いないと思います☆

 

 

パーソナルカラーって?⑤

パーソナルカラーは自分に似合う色のことです。

 

例えば、紙があって、薄いピンクの上に肌色がある場合と、真っ赤な色の上に肌色がある場合、薄いピンクの肌色はなんとなく同化して、少しぼやけてみえる事もあります。

 

これが、普段きている洋服と私たちの肌で起きているイメージですね。

 

とお洋服のあいだで起こっていると思ってください。

 

 

 

例えば似合っている色だと、

いきいきと元気に見えたり、肌がきれいに見えたりします。(もしかして引き締まってるようにも?)

 

逆に似合っていない色だと、

疲れて元気がないように見えたり、肌がきれいにみえなかったり、もしかして顔が膨張して見えたりする可能性もあります。

 

人によりますが、色の違いで結構、印象が違うのであれば、似合う色を意識したいですね☆

パーソナルカラーって?④

パーソナルカラーは自分に似合う色のことです。

 

例えば、

薄いピンクの上にある肌色と、真っ赤な上にある肌色では、違う色のように見えたりします。

 

薄いピンクの上にある肌色は、周りの色に同化してぼやけてみえますが、真っ赤な上にある肌色は、くっきりと見えやすいです。

 

肌色自体は全く同じ色なのに、なんだか違ってみえます。

 

これは「対比現象」ともいい、周りにある色によって、影響を受けて、本来の色味とは違ったように見える現象のことをいいます。

 

このことが、私たちの普段のファッションにもいえます。

もちろん、服と顔や肌では、もっと複雑な「対比現象」になると思いますが、、、

 

でも、これがパーソナルカラーの元にもなっています。

あなたのパーソナルカラーはなんでしょうか。