モテるボディを作るために

無意識でいたら、気がついたら体重が増加してしまった!そんな時に観て欲しいサイト

日焼けで赤くなる②

日焼けで赤くなる理由は?
  
日焼けで赤くなることを「サンバーン」といいます。

 

赤くなる理由としては、紫外線によって血管が広がり、肌の細胞が傷つくことが原因です。


紫外線には、主に「UVA」と「UVB」があり、サンバーンになりやすい人は「UVB」が強く影響しています。この「UVB」を浴びると、体内で血管が拡張し、血液量が増えることで赤く見えるのです。

 

また、赤くなる方はメラニン色素を生成するスピードが遅いため、紫外線耐性が低く多くの紫外線を防ぎきれません。紫外線耐性が低いと皮膚の細胞が傷つき、赤みや痛みの原因となるんですね。